KATTARIINA

hip hop、punk rock、fashion、かったりーが口癖のアナタに

コロナナモレモモ、元バンドマンを泣かす。

マキシマムザホルモン2号店こと、コロナナモレモモ。

 

youtubeからおっかけているが、これほどにストーリーを背負った作品もなかなか無い。

 

本店とはまた違った味わい。どっちが良いとかはナンセンス。

 

youtubeでメンバーオーディションが始まった時「いつかのアイドル育成番組みたいだな」と思って毛嫌いしたんだけど、見るたびにはまっていく自分がいた。

 

メンバーが決まった時も、タクマ以外全員プロじゃねーかよ!とか思ったりしたんだけど、だからこそタクマが引き立ってていいのか。とも思ったり。

 

 

 

 

 

結局、人とうまくしゃべれないとか、電車に乗れないとか。

ぶっちゃけ30過ぎると、あんまり共感できないんだよな。

 

「電車ぐらい乗れないんでどうするんだ」「人と喋れないって、それじゃ社会じゃ通用しねーよ」って思う自分がいて。

 

 

 

でも、やっぱりタクマなんだよな。

でも、やっぱり社会に適合できない自分がいるんだよなぁ。

 

俺たちは

タクマ大丈夫?って心配して

タクマ頑張れよ!って応援して

あれ?タクマ立派になってない?って感動したんだ。

 

笹島ササにまんまとやられた感ある。

 

 

是非同封のDVD(youtubeで公開されていたもの)を見てほしい。

 

タクマの前半と後半の表情の違いが、彼の成長の証だ。

 

ある種の矯正プログラムだったんじゃないかと思うぐらい、変わっている。

ネタバレになるから詳しく書けないのが残念だ。

 

俺だって、人と喋るの苦手だったし、人ごみは今もイライラするし。

でも、そういうの乗り越えてなんとかやってる。社会は人と喋れない俺を待っててなんてくれなくて。当然、電車に乗れなかったら商談にいけずクビが飛ぶ。

 

だけど、最初からそれができてたわけじゃないんだ。

 

だからこそ、やっぱり俺たちはタクマに自分を重ねてしまうんじゃないか。

 

とんでもないぐらいのシンデレラストーリーじゃん。

りょっくんの言う「白帯のまま黒帯のバンドをぶっ倒す」てタクマじゃん。

包丁ハサミの彼の声のヒリヒリ感がすごい。

 

ま、彼は人を倒しそうな感じしませんけど。笑

 

 

めっちゃ良かった。

 

元バンドマン夜中2時に泣いた。

 

恋のメガラバ / 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ (特典なし)

恋のメガラバ / 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ (特典なし)

  • アーティスト: コロナナモレモモ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2019/09/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

ねちょりナポリタン!