KATTARIINA

hip hop、punk rock、fashion、かったりーが口癖のアナタに

【使ってみた】クールグリースvsクックグリース【ポマード対決】

どちらも比較的手に入りやすいことから、初めての水溶性ポマードに選ばれることが多い、クールグリースとクックグリース。鉄板である。

 

ココ最近、youtubeでこのポマードを使ったセット動画をあげる人も増えてきましたね。ジェットモヒカンとか。

 

・クックグリース XXX 210g 

阪本高生堂 クックグリース XXX ミニ 87g パインアップルの香り

・クールグリース G 210g

阪本高生堂 クールグリース G 210g ライムの香り

どちらも阪本高生堂が作っています。

 

じゃあ実際どっちがいいの?と思ってる方も多いと思いますので、どちらもオススメですが比較してみました。

 

 

値段

どちらも大して変わらず。1300円ぐらいでネットでは買えます。定価は900円ぐらいじゃなかったっけな?ちょっと高いのはなかなか手に入らないからでしょうか。実際、クックグリースは最近店舗じゃ見ません。

 

香り

クールグリースの方が匂いが強い。あまーい匂い(笑)

クックグリースのパインの香りは全然気にならない。

 

僕からしたらどっちも一緒です。整髪料の匂いぐらい気にするな!と言いたいですが、匂いが気になる人はクックグリースのほうが優しい。

 

落ちやすさ

洗い落ちはどちらも変わらず落ちやすい!水溶性というだけあって、シャワーだけで落ちてくれます。シャンプーの心配はいりません。

 

使いやすさ

断然、クールグリース。伸びが全然違う。クールグリースは良く伸びます。

 

一方、クックグリースは固い。指ですくっても垂れません。ベタッと指にその形のままくっついてます。

 

当たり前ですが、ワックスやジェル含め、伸びが良い方が使いやすいです。

 

 

セット力

さて、これは使いやすさの真逆。クックグリースに軍配があがります。

 

固い分、セットも固くできるクックグリース。ただし、クールグリースもセット力は高めです。

ジェルみたいにバリッと固まらないけど、ガッツリハードにセットできますよ。ベリーショートの立ち上げ、ミディアムのシチサンスタイル。どれもしっかりセットしてくれます。キープ力も同様にクックグリースの方が高め。

 

総評

レビュー見ても、ポマードって『テカテカする』『ツヤ髪スタイルできました』とか、濡れ髪になることが重要視されている気がします。

 

実際、僕もそうです。ポマードを使うのはとにかくツヤを出したいからです。

 

 

あとね、ポマードって男の為の整髪料なんですよ!

 

バーバースタイル(床屋)には必ずと言っていいほど、ポマードですからね!

 

つまり、かっこつけるための整髪料!

 

かっこつけようとする男が、いちいち細かいこと気にして買うな!(暴論)

 

パッと見好きなほうを買えばいい!なんか違うなあと思ったら使い切って、買いなおせ!

俺との約束だ!かっこつけるってそういうことだろ?

 

ただ、千円ぐらいといえど金がかかることだから、慎重派のアナタは一番小さいサイズで試してから大きいサイズを買えば良いのでは?

 

 どちらも87gと少なめ。

阪本高生堂 クックグリース XXX ミニ 87g パインアップルの香り

阪本高生堂 クックグリース XXX ミニ 87g パインアップルの香り

 

 

 

阪本高生堂 クールグリース G ミニ 87g ライムの香り

阪本高生堂 クールグリース G ミニ 87g ライムの香り

 

 

 

またダッセー奴らがダッセー奴らとダッセー服着てカッケーモノでもダッセーモノにしてる

 

カッケー奴らはカッケー奴らとカッケーことしてダッセーモノでもカッケーモノに見せる by kohh

 

 

あでゅ